人物略誌
平成6年に発行した「高須藩人物略誌」から凡例と目次を載せます

 凡例

1)高須藩は尾張藩の支藩となる以前に徳永家二代・小笠原家一代が封されていましたが、本稿においては尾張藩の支藩である松平家の人物誌とします。
2)採録した人物は、諸文献に名をとどめた高須藩関係者とし、構成は、歴代藩主・文人等・武芸者・幕末の活動家・付属衆・関係人物に分けています。
3)採録の範囲は、「文人等」には儒学者、医師、藩校関係者、書家、画家等、「武芸者」には、武術の師範及び藩主より報償を与えられた家臣等。「幕末の活動家」には平田門人の内徴士などで藩を代表した者、高須藩出身で徳川慶勝に従い国事に参加した者。「付属衆」は、尾張藩から付属された永付属の家筋及び家老、郡代などの内特技をもった者、高須藩のために功績を残した者。「関係人物」は、高須藩出身者で特技を持った者及び高須藩のために功績を残した者としています。
4)巻末に資料編として諸名簿から高須藩士を抜粋した記録を載せた。
5)各伝の配列は、項目ごとに五十音順とした。
6)歴代藩主の読み方は、「尾張徳川系譜」(名古屋叢書三編第一巻)及び「華族譜要」に拠った。

 目次

    文人等               
    浅野良甫            飯沼慾斎門人     
    市川又三郎           教育者・漢詩人    
    大野周輔             書家         
    岡崎貞蔵            儒者         
    岡崎弥右衛門         儒者         
    岡崎綱三            儒者         
    荻原又十郎           漢詩人      
    川内甚左衛門         藩校教授       
     付記川内老泉             
    河原丈平            藩校教授       
    黒川三畏            高藩紀事編者     
    小山田紋左衛門        詩人        
    近藤公平            画家         
    澤田小十郎           漢詩人        
    神保恭平            画家         
    高木杢衛            漢詩人        
    田中春城            平田門人・歌人    
    棚橋顧庵            藩校教授       
    中尾孫八郎           儒者         
    中尾益太郎           和学者  
    長坂五亮            書家         
    原田種徳            教育者        
    原田小三郎           歌人         
    林忠左衛門           儒者・歌人      
    日比野秋江           藩校教授       
    日比野春渓           藩校教授       
    日比野掬治           儒者・幕末の活動家  
    藤江格之進           家塾を開く      
    古田直記            書家         
    堀口哲斎            書家・藩校助教    
    松尾東莱            漢詩人        
    森川重謙            藩校教授       
    森川重明            藩校教授       
    山口才助            儒者         
    和田百蔵            藩校教授       
    武芸者                
    池田誠司            儒者・砲術指南役   
    井門多門            剣術教授       
    上田結城            槍術指南役      
    牛田伝十郎           馬術師範       
    大関郡太夫           静流薙刀師範     
    角田半平次           円明流居合に優れる 
    熊田善吉            弓術指南役      
    坂本庄兵衛           浦部流剣術に優れる  
    坂本武左衛門         馬術師範・弓術師範  
    佐藤斧八            風伝流槍術師範    
    佐藤善次平           真鏡流剣術に優れる 
    佐藤平作            槍術指南役・剣術教授 
    小嶋又四郎           謙信流兵法に優れる  
    菅屋九右衛門         圓明流に優れる    
    棚橋嘉左衛門         長沼流・謙信流軍学者 
    津川弥左衛門         古法の射の継承者   
    原田駒之進           長沼流軍学者     
    彦坂藤蔵            長沼流軍学者     
    堀哲               長沼流軍学者     
    野村琢              制剛流柔術・円明流居合
    古田官兵衛           静流薙刀師範     
    牧野與七             弓術師範       
    増田九兵衛           日置流弓術に優れる  
    宮田平左衛門          真鏡流剣術師範    
    山内仙蔵             日新堂武術教授    
    山崎乙八             静流薙刀・棚橋流師範 
    山中権十郎           馬術師範       
    横井美水             西洋流・自明流砲術師範
    幕末の活動家          
    荻原嚴雄             平田派門人      
    筧速水              平田派門人      
    沢田庫之進           徳川慶勝の側近    
    千賀助作             平田派門人      
    長谷川惣蔵           徳川慶勝の側近    
    松岡嘉之助           平田派門人      
    吉田竜之進           平田派門人      
    附属衆                
    荒川家              永附属の家筋     
    飯嶋清藏             家老         
    内田家              永附属の家筋     
    大久保外記           家老         
    高力種昌             用人・随筆家     
    関口家              永附属の家筋     
    高木伝右衛門          家老・堀尾春芳を招聘 
    中根帯刀             家老・歌人      
    広瀬家              永附属の家筋     
    平沢清九郎           用人・陶芸家     
    馬場家              永附属の家筋     
    深田香実             用人・漢学者     
    松平巴山             用人・随筆家     
    間宮孫兵衛           郡代・日置流弓術師範 
    横井源五左衛門        郡代・長沼流兵法家  
    関係人物              
    伊藤健之進           軍学者        
    川合春川             漢詩人・紀州藩儒者  
    川出龍山             漢詩人        
    座田維貞             勤皇家・学習院掛   
    竹内勇虎             竹内流腰廻術に優れる 
    竺竹亭               漢詩人        
    野村立栄              尾張最初の蘭方医 
    堀尾春芳             儒者・日新堂講師   
    松尾多勢子            平田派門人・歌人   
    松尾誠               平田派門人      
    箕浦一道             風伝流槍術教授    
    安田老山             画家         
    吉田利和             歌人         
    資料編                
    平田篤胤の門人             
    文武館の職制              
    鰒玉集作者姓名録            
    明治政府出仕の輩            
    本居春庭の門人             


                      <戻る>  <あたま>